スタートアップ・エコシステム研究委員会

事業計画

2020年7月、京阪神連携の「大阪・京都・ひょうご神戸コンソーシアム」が、国の「スタートアップ・エコシステム グローバル拠点都市」に選定され、京都で発掘・育成したスタートアップ企業を、京阪神でより多くの投資家に繋ぎ、京阪神や国が有機的に連携しながら世界に伍するスタートアップの創出支援に取り組むこととなった。

 

本会においても構成団体として参画している「京都スタートアップ・エコシステム推進協議会」をプラットフォームとして、京都らしいスタートアップ支援の在り方や京阪神との連携等について活発な議論と具体的な支援策の実施が期待される大事な時期を迎える。

 

長い年月にわたり「伝統と革新」を大事にしてきた京都が100年先も京都らしくあり続けるためにも、新たな価値を創造するベンチャー企業や、地域の社会課題に向き合うスタートアップ企業の育成は大変重要であると確信する。

本委員会では、「対話と連携」をキーワードとしてスタートアップ支援のあるべき姿を考え、実践に繋げていくため、起業家や将来起業をめざす学生と会員との対話、大阪や神戸をはじめ近隣他府県の経済同友会との対話など、様々な人々・機関との対話を通じて問題意識を共有するとともに、各方面との連携の余地を探り、「エコシステム」にふさわしい「社会全体でスタートアップを応援する仕組み」について議論していきたい。

 

特に「連携」については、起業家同士の連携やベンチャーキャピタルによる資金支援にとどまらず、大学や学生との連携、地元企業との連携など「起業家を応援するコミュニティの形成」に重点を置き、その在り方について考えていきたい。

役員

  • 委員長
    榊田 隆之京都信用金庫
    理事長
  • 副委員長
    岡村 充泰株式会社 ウエダ本社
    代表取締役社長
    齋藤 茂株式会社 トーセ
    代表取締役会長
    垣内 永次株式会社 SCREENホールディングス
    代表取締役会長
    中西 英貴株式会社 鼓月
    代表取締役社長