活動方針

代表幹事メッセージ

2021年通常総会におきまして、本会の代表幹事として村田が再任され、新しく内田が選任されました。この両名にて今後2年間、重責を務めさせていただきます。

本会では過去2年間にわたり、憲法、道州制、キャッシュレスなど、「国のかたち」について幅広く論議して参りました。その間に生じた新型コロナウイルスは、社会の変化を一気に加速しました。2021・2022年度では、これまでの学びを踏まえ、未来に向けて求められる経営をそれぞれの会員が探索し深める手立てとして、「文化と創業」を全体テーマに掲げます。京都千年の歴史は、数多の激変のなかでの創業の繰り返しと、その中で培われた文化によって織りなされてきました。「文化と創業」は、今日の私たちにも新たな気づきと力を与えてくれることでしょう。

具体的には、「文化庁移転」「文化と経営」「スタートアップ・エコシステム」「教育」について委員会を設置し、行政や近隣の同友会とも歩調を合せつつ、元気よく活動を進めてまいりたいと念じております。

今後とも皆様のご指導とご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

2021年4月

事業計画・収支予算

一般社団法人京都経済同友会は、2年間を一つの活動単位としています。2021~22年度の2年間は、6部会・4委員会・1スポット的事業を設置し、活動に取り組んでまいります。